自宅を留守にする場合|マンション売却を考えているならかかる費用を知ろう

マンション売却を考えているならかかる費用を知ろう

自宅を留守にする場合

ウーマン

専門業者に任せる

やむを得ない理由で自宅を空き家にせざるを得ない場合には、不動産会社などに管理サービスを依頼することができます。自宅を空き家にしたまま、管理のために戻ることができない場合には、自宅がどのような状況になっているか不安になります。そのような場合でも、月に1回、自宅を巡回してもらっていれば安心することができます。2、3日だけでも自宅を無人にするのは不安なことですから、転勤などで数年間空き家にせざるを得ない場合には、不安はかなりのものになります。時々でも戻ってくることができるのであればいいのですが、海外などに行っている場合にはそうもいきません。定期的な管理サービスを、プロに行ってもらうことが重要になります。

建物内部までチェック

一般的に、月に1回の空き家の管理サービスで5000円から1万円程度かかります。通常、建物の内部まで入ってチェックしてもらうサービスと、外からだけチェックしてもらうサービスの2種類があります。不在期間が長期間にわたる場合には、換気なども含めて、建物内部のチェックを細かにしてもらう方が安心できます。庭木の剪定や除草、雨漏り等のチェック、ポストの郵便物のチェックなどの外部チェックはもちろんのこと、建物内も定期的に換気をしなければ老朽化が早まってしまいますので、チェックしてもらうことが大切です。自宅を空き家にして、まったく見ることもできないと不安ばかりが募ってしまいますので、定期的な巡回サービスは非常に重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加